高く売れる着物の種類と格とは。

着物,種類,格

和服の種類についてまとめてみました!
調べてみると、高く売れる着物には種類と格があることが判明!
今まで、着物の価値がこんなにピンきりだとは思っていませんでした。

 

せっかく調べたので、みなさんにシェアしたいと思います。

 

日本人の正装と言えば着物ですね。
最近では結婚式などの御呼ばれの際にも、着付けに手間のかからない洋服を着ていく人が多くなったため、着物をはじめとする和服を着る機会が減ってしまったことから、和服を手放す人が増えてきています。

 

特に、家族から受け継いだ品や成人式に購入した振袖に関しては、着る機会がなかったり、年齢的に着れなくなってしまったために手放す人が多くなっています。

 

和服といえば、まず思い浮かべるのが着物ですが、その中でも種類によって買い取り価格が変わってきます。
着物には黒紋付、留袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、振袖と種類があります。
それぞれ細かく格が分けられていることからシーンによって着るものも変わってきます。

 

そんな着物の中でも特に高く売れるのが黒紋付、留袖、付け下げ、訪問着、振袖です。
これらは、着る人の年齢や立場によっても変わりますが一般的に正装としてお祝い事や御呼ばれの際に着られることが多いです。
そのため、使用している素材も絹であったり、絵柄も手書きで書かれたり手染めをされたものが多く、値段も高価なものが多くあります。

 

着物の場合は特に素材や絵柄で買い取り価格が大きく変わるため、有名な作家によって作られたものは、たとえ中古であっても高く売ることができます。

 

しかし、どんなに高価なものであってもシミがあったり、破れやほつれなどのダメージが分かるものに関してはその価値も大幅に下がってしまいます。

 

そのため、着物の買い取り価格は保管状態によっても大きく左右されるのです。